車下取りはもったいない!

車下取り

車下取り

当ホームページは、愛車の下取りを検討している人のために、下取りと車売却をメリット・デメリットを紹介します。

愛車の下取りはもったいない

その昔、下取りは非常に素晴らしいシステムでした。
車を買う代わりに今乗っている車を買い取ってくれ、その資金を新しく購入資金に当てられるわけですから・・・。

しかし、その下取り代金が妥当なのか?
ここが、昨今下取りが下火の所以(ゆえん)です。

テレビCMを見ても、ガリバー、T-UP、カーセンサー、アップルなどたくさんの買取会社がありますね。
そのほかにもたくさんありますし、地域密着の買取会社もありますから、車買取ビジネスがどれだけ熱いのか?実感できると思います。

買取会社 選定のポイント

いくつもある買取会社、どこに売却すればいいのか?どこが高く買い取ってくれるのか?
車種によっても変わりますし、時期・タイミングによっても査定に開きが出来ます。

そこで、活用できるのが、一括で買取会社に査定を依頼するシステムです。
10社程度の買取会社(ガリバーやカーセンサーもあり)から、一括で見積もりを取ることが出来ます。

下取りは車購入代金の充てですが、車買取は現金としてもらえるので、金欠で車を売るという人もおすすめです。

ということで、実績に高い一括査定サイトを紹介します。
4サイトに登録で計40社程度の会社の査定が受けられるので、一番高く買い取ってくれるところに売却しましょう。
30万・40万の開きが簡単に出てくるので、1社でも多くに登録しておきたいですね。

 
車売却 ズバット車買取比較.comズバット車買取比較.comズバット車買取比較.com

人気No.1!高額査定実績もある東証マザーズ上場の株式会社ウェブクルーの運営するズバット車買取比較。
150社以上の車買取会社の中から、あなたの条件に合う買取業者を最大10社選択可能。

車下取 ズバット車買取比較.com
車下取 かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド
東証第一部上場、一括査定で有名な、株式会社エイチームが運営するのが、【かんたん車査定ガイド】です。
簡単入力、スピード審査で愛車の査定”1秒査定”が人気です。

かんたん車査定ガイド
車下取 カーセンサー.netカーセンサー.netカーセンサー.net
リクルートが運営する”中古車情報誌カーセンサー”のweb査定サイト【カーセンサーnet】です。
簡単ネット車査定では、メーカーや車名、タイプ(ミニバン、セダン、トラック)など、お申し込み可能です

カーセンサー.net
車下取は楽天オート楽天オート車査定は楽天オート
楽天が運営する車査定サイト【楽天オート】。
車を賢く高く売るなら買取査定市場。
下取りより10万円以上の価格差で買取実績あり!

楽天オート

無料で相場を知ることができる

もし所有するお車を売却することになるのであれば、どの様な方法をお考えになるでしょうか。車買取にはいくつか段取りが存在します。中でも重要なのが、業者による査定サービスです。査定サービスを受けられれば、売却するお車の買取値段を知ることが可能です。基本的には、査定は買取業者が行います。しかし、お近くに買取業者が存在しない場合には、どの様にしたら良いのでしょうか。この場合には、車売却一括査定サイトをご利用になると便利です。一括査定サイトでは、無料でサービスをご利用になれます。そして、複数の車買取業者から、一度に査定を受けることが可能です。このサービスをご利用になれば、一番高い値段をつける業者が一目で分かるため、車売却時に役立つ手段として覚えておいてください。ちなみに、一括査定サービスを提供するサイトが、いくつか存在しています。よりたくさんの業者の査定金額をお知りになりたい場合には、複数のサイトに登録しておくと良いでしょう。
自動車下取り価格|下取りと査定で賢く車を売る(高額売却)

装備品やオプションが付いている場合、売却額は変わるのか?

車売却の際によほど古いものでなければオプションで査定評価があがり、結果売却価格が上昇するものがあります。オプションにも主に2種類あり、新車時から取り付けられているメーカー純正のものと後付可能であるカーナビ、ETC車載機などあり、それぞれ評価が変わります。
例えばカーナビではメーカー純正品の他、後付けできる社外品の2種類がありますが、車売却時にはメーカー純正品をつけておくことがベターです。売却時においてはたとえ高級な社外のカーナビだろうとメーカー純正品のほうが売却額アップに繋がる可能性がずっと高いのです。
もしメーカー純正品を取り外して社外品をつけている場合は取り替えるか、もしくはそのままの状態で出した後にメーカー純正品ももっていく、もしくは存在することを伝えるのが肝心です。
プラス評価になることが多いオプション機器ですが、マイナス評価に繋がるものもあります。まったく動作しない、もしくは動作しない部分があるカーナビやカーステレオ、それからエアロパーツなどもマイナス評価になります。